ADSL・FTTH・CATV・ブロードバンド

【ADSL】Asymmetric Digital Subscriber Line(非対称デジタル加入者線)の略。アナログ加入者線(電話線)を使用して、高速なデジタル通信を行う通信方式。局から加入者側への下りと加入・・・

【FTTH】Fiber To The Homeの略。インターネット接続において、局から加入者宅までのすべての経路を光ファイバーを用いて接続する方式。接続速度は事業者により異なるが、数10Mbps~1Gbps程度。・・・

【CATV】Common(またはCommunity) Antenna TeleVision : テレビ共同受信システムの略。電波ではなく、同軸ケーブルや光ケーブルなどの有線ケーブルを媒体としてテレビジョン放送を行・・・

【ブロードバンド】電気通信分野において、通信に使用する信号の周波数として従来より広い範囲の帯域を使用する通信方式の総称。対義語はナローバンド。特定周波数のみを利用する方式に比較すると高いデータ転送速度が得られるのが特徴・・・もっと見る

【ADSL】Asymmetric Digital Subscriber Line(非対称デジタル加入者線)の略。アナログ加入者線(電話線)を使用して、高速なデジタル通信を行う通信方式。局から加入者側への下りと加入者から局側への上り通信の速度が非対称であることからこう呼ばれる。(上り下りの速度が等しい対称形はSDSL)。アナログ電話を使用してれば手軽に導入できるメリットはあるが、電話局と加入者宅の距離が遠い場合通信速度が低下したりするデメリットもある。

【FTTH】Fiber To The Homeの略。インターネット接続において、局から加入者宅までのすべての経路を光ファイバーを用いて接続する方式。接続速度は事業者により異なるが、数10Mbps~1Gbps程度。ただしこれはあくまでアクセスラインの速度であり、実際のインターネットアクセス速度は加入したプロバイダなどによって制限される。ADSLと異なり、上り下りの速度は同一の場合がほとんど。また局と加入者宅との間の距離による通信速度の低下がほとんど無く、経路長が十数km~数十kmまで対応できる。一方、ADSLとは違い、敷設にあたっては加入者宅内までファイバーを引き込む必要があるほか、ONUと呼ばれる宅内設備を設置する必要もあり、賃貸住宅などでは利用しづらい欠点もある。

【CATV】Common(またはCommunity) Antenna TeleVision : テレビ共同受信システムの略。電波ではなく、同軸ケーブルや光ケーブルなどの有線ケーブルを媒体としてテレビジョン放送を行う方式。山間部など電波の届き難い地域向けに地域全体で集合アンテナを設ける難視聴対策CATV型と、都市単位で放送局と加入者宅を直結する都市型CATVがある。特に都市型CATVでは、ケーブルモデムなどを用いて100Mbps以上の高速なデジタル通信サービスを行う例が多く、FTTHと並んで高速なインターネット接続手段として広く使われている。

【ブロードバンド】電気通信分野において、通信に使用する信号の周波数として従来より広い範囲の帯域を使用する通信方式の総称。対義語はナローバンド。特定周波数のみを利用する方式に比較すると高いデータ転送速度が得られるのが特徴。 一方インターネット通信分野では、こうした定義によらず、単純に「高速な通信」が行える通信方式のことを「ブロードバンド通信」や「ブロードバンド(インターネット)接続」と呼ぶ。たとえばADSLの場合、通常の音声通話と比較すればADSL通信の帯域は非常に広いため本来の意味でのブロードバンドである。しかしCATVやFTTHなどのように、高速ではあるが占有帯域は広くない方式も、単に高速であるという意味でブロードバンド接続と呼ばれている。(閉じる)

おすすめソフト

ライブラリからのおすすめソフト

  • EditMTU (MTU,RWIN簡単設定ツール) EditMTU (MTU,RWIN簡単設定ツール) フリーソフト

    ADSLなど高速通信のスピードアップの為のMTU、RWIN値などの設定を簡単にする

  • NetTune NetTune フリーソフト

    レジストリを書き換えることによりネットワークの通信速度を向上させる

PCショップからのおすすめソフト

関連ページへのショートカット

ライブラリへのリンク