デフラグ

【デフラグ】ディスク内に配置されたファイルは、長期に渡って使い続けられると次第に、ディスク内で物理的に離れた複数の箇所に飛び飛びに記録されるようになってくる。こうした現象をファイルの「断片化(フラグメンテーション・・・もっと見る

【デフラグ】ディスク内に配置されたファイルは、長期に渡って使い続けられると次第に、ディスク内で物理的に離れた複数の箇所に飛び飛びに記録されるようになってくる。こうした現象をファイルの「断片化(フラグメンテーション)」と呼ぶ。断片化が発生したファイルは、発生していないディスクに比較してアクセス速度が低下するため、アクセス頻度の高いファイルは断片化していない状態を保つ方がよい。これを行うのが、デフラグメンテーションソフト、いわゆる「デフラグ」ソフトと呼ばれるものだ。 デフラグ機能はWindowsにも標準で搭載されているが、市販のデフラグソフトもある。市販ソフトの場合、標準機能ではできない、重要度の高いファイルほどアクセス速度が速い場所に配置する機能や、Windows標準ではできない、Windowsシステムファイルのデフラグにも対応する。(閉じる)

おすすめソフト

PCショップからのおすすめソフト

関連ページへのショートカット

ライブラリへのリンク

PCショップへのリンク