• ソフトナビ
  • セキュリティ・スパイウェア対策・暗号化

セキュリティ・スパイウェア対策・暗号化

【スパイウェア対策】クレジットカード番号、利用者のキー入力、Web訪問履歴などのコンピュータ内にある有益な情報を、ユーザーが意図しない間に盗み出し、ネットワーク経由で他のサーバーなどに転送するソフトウェアをスパイウェアと・・・

【暗号化】コンピュータ内のファイル、通信データ、著作権保護された録画データなどに対して、権利を持たない第三者が利用できないよう数値演算処理を行い、データを読み出せないようにすること。対義語は「復号」もしくは「平・・・もっと見る

【スパイウェア対策】クレジットカード番号、利用者のキー入力、Web訪問履歴などのコンピュータ内にある有益な情報を、ユーザーが意図しない間に盗み出し、ネットワーク経由で他のサーバーなどに転送するソフトウェアをスパイウェアという。破壊活動を行うわけではないため、数年前まではアンチウイルスソフトでも検出されなかったが、現在では多くのソフトがスパイウェアも検出対象としている。この様なソフトはスパイウェア対策としても極めて有用だ。スパイウェアにはブラウザのCookie情報としてデータを保存したり、ブラウザのアドオンとして動作するものも多いので、ユーザー側の対策として、時々はCookieをチェックしたり、知らないアドオンが勝手に動作していないかどうかを確認することも有効である。知らないソフトはインストールしない、信用できないサイトはできるだけ訪問しない、ことももちろん重要である。

【暗号化】コンピュータ内のファイル、通信データ、著作権保護された録画データなどに対して、権利を持たない第三者が利用できないよう数値演算処理を行い、データを読み出せないようにすること。対義語は「復号」もしくは「平文化」。暗号化された情報は、基本的に暗号化時に使用された「鍵(キー)」情報が無いと復号できないが、キー長があまりに短いと総当りによって意図しない復号がなされてしまう場合もある。このためキー長は暗号化の方式と並んで、暗号強度を決定付けるきわめて重要な要素となっている(閉じる)

おすすめソフト

PCショップからのおすすめソフト

関連ページへのショートカット

ライブラリへのリンク